ついつい繰り返してしまう安物買いの銭失いにしょんぼり

むかし、子どもの幼稚園の給食用の箸箱を買おうとしたら、1500円近くが世界だと知ってそれはどうも金額が苦しいからと100円店舗で買いました。
初めはそれで良いと納得していたのですが、思いの外先々、長男は一年間の内に5回は箸箱を割って壊してきたのです。
まさか、箸箱なんて普通はあんまり置きかえないよなとしていたけど男子だからそれも仕方ないのかなと思ってました。
でもさすがに、覆す数が多過ぎて新しいものを買いに行くのもリスクになってきました。
こうしてもしや、100円店舗の弱者だから壊れやすいだけなのかも、といったとうとう気が付きました。
そこで思い切って、1500円位の子どもの好きな独自の挿し絵のついた箸箱を購入したのです。
ケチな僕としては喜ばしいショッピングでした。
だけど、先々一年間経ってますが長男は箸箱を一度も壊してないのです。
そのまま1500円近くした箸箱にてます。
予め金額相応の材料なのかもしれません。
ですから安物買いの銭失いはすでに終わる、といったそこで心境しました。
こんな決心したはずなのに、僕はまたやってしまいました。
それはエコバッグです。
エコバッグなんかにほとんど経費をかけたくないと思った僕は、さほど100円店舗でエコバッグを買いました。
でも今日ボロくなって汚れてきたので新しくしようと思って、今日良くある300円店舗で新しくエコバッグを買いました。
少々おしゃれなものになって各種システムに満足していたのに、それは本当に数日で持ち手の事が破けてしまったのです。
大衝撃でしたが、破けても、持ち手の部分はどうにか繋がってるのでケチな僕はもっぱら使ってました。
でもそれを夫に見られて、新しくまともなものを買うように言われてしまいました。
次女の馴染みに破けたエコバッグ使ってるのを見られて、次女に女においてやましい気持ちさせたら気の毒でしょというんです。
そんなふうに言われると仕方ないです。
諦めて、もう少し金額が上で材料のまともなエコバッグを今度こそ買って来る。
実質最終的にまた安物買いの銭失いとしてしまった自分にはガッカリでした。クリアハーブミストかゆみに効いた?