はじめてエレメントに応募した、不可能だったけど

学徒になってから、親に『バイトしろ』と言われるようになりました。
ですから、冬休み明けてからどうにかバイト見い出しに方を押し付けました。周りと比べて極めて決めるのが遅いかもしれないが、4月々から12月々まで、講座や独り暮しに精いっぱいで空白がなかったのです。それに、『バイトところが凶悪だったらいかんせん』、『そんな僕を採用して受け取れるところがあるのか』ってひとしお不安でした。

今週の木曜日といった金曜日は、パートタイマーの求人票が掲示されている場所に行って、いいところはないか探していました。いろいろ検討したトレンド、とある喫茶店に応募してみようと考えました。ところがいざ決めても、応募の電話を何故かけたらいいのか分からなくて、すぐにはかけれませんでした。けど、コンビニで経歴書は購入しました。

土曜日、なんとか決心して電話を掛けました。緊張の空き、なんてやり取りをしていたのかきちんと思い出せなかったのですが、『明日の12:30に対面をする』という誓約をすることができました。その後は、証明フィルムを撮りに出かけました。それが終わったらバイト要素(仮)のストアに入って、如何なる近辺か様相を見つめました。ついついいいところでした。

対面当日。自転車のアプローチを探し出すのに手間取りましたが、何とか誓約の10分け前前に間に合いました。
そして、対面を受けました。結果は、不受け取り。労働時間って熱望要因が、ストアというあわなかったのが原因のようです。対面の後、僕はまっすぐ下宿先に帰りました。
のち、ローソンにも応募しましたが、タイミングが合わなくて、屈服しました。

大体、2会社とも不受け取り。でも、バイトを始めようという頑張ったことは、大事な一歩です。
結果は惨めだったけど、何もしないよりはたいへん得策です。
今は、思い切って動きに移せた僕を褒めてやりたいです。口内フローラと歯ブラシってどういうこと