コロッケを噴出逃げるで上手に吊り上げるものを考えて見た

冷凍コロッケというと爆発したりフォームがひずみたりってしんどい様子があります。しかしその原因は温度ギャップにあります。冷凍コロッケの負けといった油の高温による温度差がありすぎるためにコロッケが持ち堪えきれなくなって爆発して仕舞う。そこで編み出したのは冷凍コロッケを揚げる前に一度電子レンジで温めて常温近くまで解凍するという戦略です。温めすぎるといった電子レンジ内でコロッケが爆発してしまう危険性がありますので、1パイぐらいずつ温めてインプレッションを見ながらやります。手で押して見てちょい柔らかくなったぐらいがちょうどいいです。きちんと温めすぎてしまうというあげた都合崩れてしまう雰囲気があります。こうしてやっと油で吊り上げる際も注意が必要です。油を高温にせずにぬるいうちからコロッケを入れて仕舞う。低音から温めるようにあげます。そしてゆっくりと170度ほどまで上げていきます。170度になったら動かさずに待ちます。片面がカリカリしてきたなと思ったら、静かに引っ繰り返します。そしたら今度は弱火として3パイぐらい蓋として温めます。そして最後に2パイ170度で上げて出来上がりです。全体で約7パイくらいで出来上がります。こうしてあまり注意点としてはコロッケをゆたか入れすぎないことです。一度に送るコロッケは3個ほどです。時間はかかりますがこれが安全な量です。一般数多く入れますという爆発のわながあったり焼きムラの原因になります。冷凍コロッケは難しいと思われがちですが空白発想でこれ程平易い揚げることができるので経済的にも助かります。顔乾燥赤み化粧水なら、敏感肌でも使える化粧水「ラ・ミューテ」はこちらです。