第二の人生を贈るべく始めた受験学習2か月

自分は長年勤めていたカメラクリエイターを2016階級10月末で自己都合で退社し、しょうもないところからの空想であった「ナース」を目指そうといった受験勉強に努めました。
ハイスクールは勧告入学で入りましたし、受験特訓なんて全容今まで一度もしたことがないようなものです。
進展からももっと10階級以来離れていましたから、興奮はあるけれど情緒不安でいっぱいでした。
店頭を退職する結果厚生年金から先住民年金の支出になりますし、受験特訓センターは失業であるのに保険や月々の光熱費、食費に雑費も払わねばなりません。
生きているだけでこんなにも行動があるなんて。郷里数にもナースを目指すのはしんどいかなと思いましたが、とりあえず空想は諦められませんでした。
受験箇条は国・数・小論文・相談です。
受験特訓においてたちまち、昔は長所だった数学でしたがいざ看護ゼミナールの過去ものを解いてみても1一品も適正できませんでした。
そのため特訓はどのメニューも中学校1年生の原点レベルのバリエーションから始めました。
Youtubeや無料の成長頁を活用し、どしどし本式を覚え弱点を解いていきました。
一日に8~10タームの特訓をした結果、無事に第一志望の看護ゼミナールへ合格することができました。
自分は今回の特訓で、忘れていたことを思い出し、過去に学習したことを復習することの大切さを憶えました。
こうして何事にも犠牲を払っても、やりたい事には挑戦する姿勢が大事なのだと思いました。天命は1たびきり、失敗しても命を落とすわけではないですから、これからもやりたいことには積極的にチャレンジしていこうと考えています。アドラーフォーをガチ評価した結果